Event is FINISHED

稲葉俊郎先生 新刊記念オンラインイベント♪ 『いのちは のちの いのちへ』

Description
稲葉俊郎先生 新刊記念オンラインイベント♪『いのちは のちの いのちへ』


みなさん、お元気にお過ごしですか?
私たちは今年、東京でオリンピックを開催するつもりで2020年を迎えました。
ところが新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の経済が止まり、生活が急変し、仕事の仕方は大きく変わり、人と人の距離は出来るだけ遠ざけることがルールになりました。一番変化したのは、私たち自身の意識が大きく変化したのではないでしょうか?

そんな中、稲葉俊朗先生は『いのちを呼びさますもの ―ひとのこころとからだ―』の第2弾として新刊『いのちは のちの いのちへー新しい医療のかたちー』今回発売されました。

改めて、いのちとはなにか?私達が求めている医療とはどんなものかを、稲葉さんにお伺い出来ればと思っております。
今回、ファシリテーターは千葉県南房総市 妙福寺住職でもあります早島英観さんにお願いしておりますので、医者である稲葉先生とお坊さんの早島住職との対談にも注目です。


◆日時:2020年8月12日(水)19時〜20時30分

◆参加費:500円
参加申込をして頂きました方に、メールにてZOOMのIDをお送りいたします。

また、当日イベントまでに『いのちは のちの いのちへ』の本を予めご購入ください。
書坊へ購入希望の方は(shobo_@tera-buddha.net )へご注文をお願いします。


◆内容:
医者でもありこの本の著者:稲葉俊郎先生
ファシリテーター:早島住職

①この本で稲葉先生が伝えたかったこととは何か?
②稲葉先生×早島住職が語る「いのち」について
③稲葉先生×早島住職が語る「これからの医療について」について
④質疑応答
→お客様からはチャットに入力して頂き出来るだけ回答をして頂きます。


◆稲葉俊郎(いなば・としろう)
1979年、熊本県生まれ。医師。2014 年に東京大学医学系研究科内科学大学院博士課程卒業(医学博士)。現在は東京大学医学部附属病院循環器内科助教。西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。医療と他分野との創発のために、伝統芸能、芸術、音楽、民俗学、農業などと医療の接点を探る対話を積極的に行う。著書に『いのちを呼びさますもの』(アノニマ・スタジオ)、『ころころするからだ』(春秋社)、『見えないものに、耳をすます 音楽と医療の対話』(大友良英との共著、アノニマ・スタジオ)など。NHK「ハートネットTV 心悩むあなたへ 古の東洋医学からのヒント」(2016 年)、「SWITCH インタビュー達人達 大友良英×稲葉俊郎」(2017 年)に出演。



◆早島英観(はやしま・えいかん) 
千葉県南房総市 日蓮宗妙福寺住職
著書:共著「つながる仏教」(ポプラ社)
座右の書籍:ブッダ最後の旅/中村元、ゲド戦記/アーシュラ・K. ル=グウィン 、22XX/清水玲子
Wed Aug 12, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加券 SOLD OUT ¥500
Organizer
寺子屋ブッダ
2,785 Followers

[PR] Recommended information